まんこの黒ずみにイビサ薬用ソープ 皮膚科よりもおすすめな黒い彼処ケアのIBIZA石鹸とは

デリケートゾーンの黒ずみは解消できる

 

 

デリケートゾーンの黒ずみにお悩みならイビサクリーム

 

黒ずみをケアすると、自信がみなぎります。

 

脱毛後の黒ずみや、ビキニラインの黒ずみにお悩みなら一度確認してみてください。

 

 

薬用イビサクリーム 詳細

 

 

 

デリケートゾーンニオイ対策ナンバー1が薬用イビサソープ

 

28日返金保証で、一カ月5800円 → 3970円

 

生理中の体臭や、デリケートゾーンの匂いで悩んでいるなら、一度薬用イビサソープを試してみてください。

 

 

 

 

 

デリケートゾーンVIOでお悩みならイビサデオドラント

 

ジャムウ処方×薬用成分

 

年間12000人以上のデリケートゾーンをケア

 

デリケートゾーンのにおいの元、アポクリン汗腺をケアします。

 

まんこの黒ずみにイビサ薬用ソープ 皮膚科よりもおすすめな黒い彼処ケアのIBIZA石鹸とは

 

デリケートゾーン黒ずみは美白できる?

 

肌の黒ずみが起きやすい部分のひとつにデリケートゾーンがあげられます。

 

普段は人に見えるところではありませんが、水着のときなどは目立ちますので、きれいにしておきたいと考える人は多いのではないでしょうか。

 

解消のためには、まずはデリケートゾーンの黒ずみの原因を知っておきたいですが、そのひとつに肌の摩擦、刺激などがあげられます。

 

ムダ毛処理で刺激を与えてしまう、下着やストッキングなどで擦れる、さらに生理用品が刺激となっていることもあります。

 

デリケートゾーンの黒ずみを解消するためには、まずは余計な刺激を与えないことが大切ですので、

 

ムダ毛処理を行う際も優しく慎重に行うこと、そして下着や生理用品でもできるだけ肌に優しい良質なものを選ぶことが大事です。

 

このほかでは肌のターンオーバーの機能が衰えていることもあげられますので、ターンオーバーの機能を促進させることも大事です。

 

睡眠不足は代謝を落としてしまうことにつながりますので、良質な睡眠をとることも大事ですし、ソフトピーリング効果のある石鹸などを利用して、古い角質を優しくはがしていきましょう。

 

清潔を保つことが大事ですが、通常の石鹸やボディソープでは刺激が強すぎて逆効果となってしまう場合もあります。

 

それゆえ、黒ずみを防ぐためにも、デリケートゾーン専用の優しい石鹸を選び、肌をゴシゴシこすったりせず、泡をしっかり立てて丁寧に洗っていきましょう。

 

美白成分や保湿成分の入っているものならより良い結果が期待できます。

 

洗ったあとは石鹸やボディソープの成分を残さないよう、丁寧に洗い流しておきます。

 

そして、きれいに洗ったあとはそのままにしておくと乾燥しやすくなり、こちらも黒ずみを悪化させることにつながってしまいます。

 

それゆえ、入浴後は乾燥を抑えるためにも保湿ケアも丁寧に行っておくことが大切です。保湿剤も色々な種類がありますが、体の中でも特に肌がデリケートな部分ですので、デリケートゾーン専用の商品を選んでおくとより安心です。

 

保湿効果が高いことはもちろん、美白に役立つ成分が配合されているとより早い改善が期待できます。このときも顔用の美白化粧品などを使うことは刺激が強すぎる可能性もありますので、デリケートゾーンにも安心して使えるものかよく確認しておくことが大切です。美白成分も効果が高くても肌に刺激が強いものもありますので、どのような美白成分が使われているかもよく確かめておきたいところです。

 

デリケートゾーン黒ずみの原因、メラニン色素とは

 

デリケートゾーンの黒ずみを避けたいという場合、摩擦などによる刺激をできるだけ減らすことが大切です。普段の生活でデリケートゾーンを意識している人はほとんどいないでしょう。しかし、デリケートゾーンの皮膚はかなり薄いですし、下着による摩擦で刺激を受けてしまうことも多いです。

 

皮膚の黒ずみはメラノサイトという色素細胞によって引き起こされるものなのですが、下着や衣類による摩擦によっても反応して黒ずみを発生させてしまうということです。日々の生活でデリケートゾーンに余計な摩擦を与えるのは良くありませんし、負担を減らすためにはサイズの合った下着を着用するようにしましょう。

 

このような労わりによってデリケートゾーンの黒ずみを予防することができるのです。ムダ毛を処理することでデリケートゾーンの黒ずみを解消できることもあります。

 

しかし、ムダ毛を自己処理すると肌への負担が大きくなってしまいますし、黒ずみの原因となってしまうこともあります。

 

特に毛抜きを使うと毛穴が開いてしまいますし、綺麗なデリケートゾーンを維持することが難しくなってしまいます。毎日自己処理をしているという人もいるかもしれませんが、できるだけ自己処理は控えた方が良いでしょう。

 

肌への負担を避けたいという場合、エステサロンやクリニックで脱毛を受けるのがおすすめです。

 

デリケートゾーンの脱毛は痛みが強いというイメージがあるかもしれません。しかし、最近では痛みの少ないマシンを導入しているエステサロンも増えていますし、黒ずみ対策に効果的なコースを用意しているエステサロンなどもあるため、利用してみると良いでしょう。

 

デリケートゾーンの自己処理を行う場合、肌に刺激の少ないクリームを使ったり、クリームを塗ってからカミソリで処理するなどの方法がおすすめです。できるだけ刺激を少なくする工夫をしていきましょう。ちなみに、男性用のカミソリは女性の肌には刺激が強いので避けた方が無難です。

 

また、デリケートゾーンのムダ毛を処理した後は化粧水などできちんと保湿ケアを行うようにしましょう。デリケートゾーンは肌が薄くて色素沈着を起こしやすい部分でであり、黒ずみは汚れやメラニン色素の沈着が原因になっているということです。

 

デリケートゾーンの黒ずみを改善したいという場合、肌を摩擦や刺激の少ない状態にして肌のターンオーバーを元に戻していくことが大切です。若くて健康な肌のためにはターンオーバーによって肌が定期的に生まれ変わることg必要であり、年齢を重ねるごとにターンオーバーは遅れてしまいます。

 

30代に入ると代謝が衰えて黒ずみやすくなりますし、30歳を超えると黒ずみが悪化してしまうとされています。

 

 

黒ずみケアは年齢によって変化させたほうがいい?

 

体や顔のケアはいざとなったときのため、女性らしさを保つためにも欠かせないポイントです。あまり外気に触れない、刺激がないと思っている箇所でも、衣類との接触によってダメージが積み重なって、ざらつきや色素沈着などを起こしています。

 

なかなか自分では気づきにくいので、気づいた時には意外と大変なことになっていることもありますので、予防から取り組んでいくと効果的です。もちろん、気づいてからケアしても十分美肌に戻すことが可能です。特に多くの方が悩んでしまうのがデリケートゾーンです。もともと肌が敏感な場所な上に。

 

下着によって摩擦が毎日起こっていますので色素沈着しやすく、黒ずみになりやすいのでケアが必要です。しかし、肌も年齢によって変化してきますので、それに合わせたケアを考えることも効率よくケアするには必要です。若い時は肌水分量や肌の生まれ変わりも早いですので、表面的な成分でも十分、時間が経てばカバーできます。

 

そのため、肌の持つパワーを損なわないケア用品を使うことが大切です。また、肌が乾燥していると黒ずみになりやすいので保湿が若い肌には一番大切です。これだけでも肌機能が復活して自ら透明感を取り戻します。

 

しかし、年齢を重ねると、肌機能も低下してきていますのでデリケートゾーンも再生能力が落ちてきています。そこに加えて少しずつ蓄積した黒ずみが重なって濃くなってくるので目立ってきます。このころになると、保湿はもちろんですが、肌の奥から機能を高めるサポートをしてくれる効果のあるケア用品が望ましいです。

 

一歩踏み込んだ機能や成分を取り入れると、黒ずみの改善に役立ちます。デリケートゾーンは敏感部なので刺激のない成分を使わなくてはなりませんので制限は多いものの、保湿ができて排出機能を高める、色素を分解するなどの働きもある成分はあります。

 

だんだんと自分でその働きのある成分を作れなくなっているので、外から加えてあげるとどんどん吸収してくれますので、意外と改善が実感できるようになるとその後は変化が着実なのもポイントです。

 

デリケートゾーンの黒ずみはケアとともに、きつい下着をつけない、ムダ毛の処理などでも保湿に努めるなどの生活スタイルでも大きく異なってきます。清潔に保つとともにデリケートゾーンならではの弱点を頭に入れてケアしていくと、年齢問わず色素沈着を抑えることが可能です。

 

年齢で注意点はことなりますが、早めに対策を立てることが大切なのは共通です。

 

 

デリケートゾーン黒ずみクリーム

 

 

あそこの黒ずみは、皮膚科できれいになる?

 

あそこの黒ずみで悩んでいる人もいるでしょう。あそこは刺激や摩擦に弱いですし、下着や衣類などとの摩擦が原因で黒ずんでしまうこともあります。

 

摩擦が毎日続くことで肌への刺激となってしまいますし、メラニン色素が沈着することでシミや黒ずみが発生してしまうということです。

 

あそこは下着やストッキングなどで締め付けられやすい部分ですし、圧迫されることで肌にダメージを与えることになってしまいます。

 

また、加齢とともに新陳代謝が悪くなるとターンオーバーが乱れやすくなりますし、正常にターンオーバーが行われなくなってしまうのです。

 

あそこも新陳代謝が滞ることにより、表皮の生まれ変わりが停滞してしまうということです。色素沈着してしまった古い皮膚が表面に残ってしまった場合、

 

黒ずみの原因となってしまうこともあるので注意しましょう。

 

妊娠中は女性ホルモンの作用でメラニンが沈着しやすい状態ですし、デリケートゾーンの黒ずみが目立ちやすくなるのです。

 

これは体の防御反応の1つであり、出産を控えている時は外部の刺激からデリケートゾーンをしっかり守っていく必要があるということです。

 

黒ずみを消したいと考えていてもあそこを強く擦って洗ってしまうのは良くありません。強く擦ってしまうと刺激になってしまいますし、黒ずみを発生させてしまうことがあるのです。

 

あそこの黒ずみはどうやって解消したら良いのかということですが、まずは専用の石鹸を使うという方法があります。

 

専用の石鹸を使うことでターンオーバーを活性化させることができますし、黒ずみが悪化しないように予防することもできるのです。

 

ちなみに、一般的な石鹸は合成界面活性剤などが入っており、肌のバリア機能を壊してしまうこともあるので注意が必要です。

 

皮膚科ではレーザー治療を受けるという方法もあります。

 

レーザー治療は内側の黒ずみまで綺麗に解消することができますし、

 

デリケートゾーン専用の炎症が起きない程度の優しいレーザーなので肌への負担も心配ありません。

 

肌の黒ずみはメラニン色素によって発生してしまうため、レーザーによってメラニン色素を破壊することができます。

 

黒ずみが気になっているけれど手術は避けたいという場合、この治療を受けてみると良いでしょう。

 

ハイドロキノンは顔のシミ除去に使われる薬剤であり、高い美白効果があると言われています。

 

メラニン色素を生成するメラノサイト自体を減らすことができますし、メラニン合成を抑える働きが期待できるでしょう。

 

しかし、あそこは皮膚が薄いので薬剤の濃度をしっかり調節する必要があります。

 

デリケートゾーン消臭方法

 

 

彼処の黒ずみは下着の影響もある?

彼処の黒ずみは刺激や摩擦も原因の一つであるため、着用する下着の影響も受けます。肌の乾燥も彼処の黒ずみの原因になりますので、乾燥肌の人は彼処が黒ずむことが多いです。摩擦が原因の彼処の黒ずみ対策は、下着選びが大事なポイントになります。

 

肌が刺激を受けると彼処が黒ずむ理由は、肌が摩擦で刺激を受けるとメラニンが放出されるためです。メラニンは肌を外部刺激から守る働きがあり、肌が紫外線や摩擦などで刺激を受けると、肌を守るためにメラニンが放出されます。メラニンの放出を防ぐためには、肌を紫外線や摩擦から守ることが必要になります。

 

彼処は下着で隠されているため紫外線の影響は受けませんが、動いて下着が擦れると摩擦が生じ、メラニンが放出されます。下着による摩擦を防ぐには、摩擦が少ない素材の下着を着用することが必要です。摩擦が少ない素材としてコットンがあり、コットンの下着を着用すると彼処の黒ずみを防げます。コットンの中でもオーガニックコットンは肌に優しいので、彼処の黒ずみが気になる方には最適な素材です。

 

締め付けやすい下着も彼処の黒ずみの原因になりますので、締め付けの緩いボクサータイプの下着を着用すると彼処の黒ずみ対策になります。下着を選ぶ際にはあまりきついサイズの下着を選ばずに、少しサイズに余裕がある下着を選ぶことが大切です。

 

彼処の黒ずみが気になってタオルでゴシゴシと擦ると摩擦で黒ずみが酷くなるため、彼処を洗う時には、優しく丁寧に洗うようにします。デリケートゾーン専用の薬用ソープがありますので、薬用ソープで彼処を洗うようにすると、黒ずみ対策とニオイ対策になります。また、デリケートゾーン専用の薬用クリームも市販されており、薬用クリームを塗ることも彼処の黒ずみ対策として有効です。

 

乾燥肌の方は外部刺激の影響を受けやすいため、摩擦などの外部刺激が原因で彼処が黒ずみやすいです。乾燥肌の方はデリケートゾーンも保湿ケアをすることが大事になりますので、デリケートゾーン専用の薬用ソープや薬用クリームで保湿ケアを行うようにします。

 

薬用ソープや薬用クリームにはヒアルロン酸などの保湿成分が配合されており、デリケートゾーンの乾燥を防ぐことができます。肌に潤いを与えることで彼処は摩擦の影響を受けにくくなり、黒ずみを防止することに繋がります。入浴する時には薬用ソープで彼処を綺麗に洗って清潔にして、お風呂上がりに薬用クリームを塗ると、彼処の黒ずみと臭いを防げます。

 

デリケートゾーン黒ずみケア

 

陰部の黒ずみケアは保湿が重要?

 

陰部の黒ずみが年々濃くなっていくので、他の部位の皮膚の色とかなり違って見えて、恥ずかしいと感じている女性は多いですが、親しい人にもなかなか相談できないので、一人で悩んでいる方もあるようです。
陰部はただでさえ皮膚が薄いにもかかわらず、常に下着で覆われている部分なので、摩擦による色素沈着が起こりやすい部分です。

 

皮膚が薄いと、水分をキープしにくくなるので、陰部の黒ずみケアをしたいときは、まず第一に十分な保湿を行う必要があります。

 

陰部の皮膚にうるおいが足らず、乾燥した状態が続くと、お肌のバリア機能が衰えるので、摩擦などの刺激に弱くなり、黒ずみが出来やすくなります。

 

陰部の角質層が水分で満たされていて、うるおった状態になっていれば、摩擦などの外部からの刺激を受けにくくなるので、気になる黒ずみをケアすることが出来るでしょう。

 

 

近年、陰部のムダ毛を脱毛サロンやクリニックで処理する女性が増えていますが、脱毛後の肌は乾燥しやすいため、きちんと保湿しないと黒ずみが出来やすくなります。

 

脱毛サロンや保湿クリームの中には保湿クリームを処方してくれるところもありますが、それを塗り忘れると皮膚がかさつき、メラニン色素が発生しやすくなるので注意しなければなりません。

 

カミソリで剃ったり、除毛クリームを使って、自分でムダ毛を処理する女性も多いですが、この場合もローションや美容液でしっかり保湿しないと、陰部の肌が黒ずみ、見た目が悪くなるので気を付けるようにしてください。

 

夏に海やプールで水着になった後も、紫外線による色素沈着が起こりやすいので、肌の黒ずみを防ぎたいときは、保湿化粧品を塗って、うるおいを与えることが大切です。

 

強い紫外線を長時間浴びると、角質層が乱れてしまうので、メラニン色素が発生しやすくなりますが、保湿化粧品で水分を与えれば、ぷるぷるした状態の肌となり、外部から刺激を受けても、黒ずみが出来にくくなります。

 

紫外線対策のため、顔や腕、脚などには日焼け止めクリームを塗る人が多いですが、陰部は忘れがちなので、透明感のある肌の色を保ちたいなら、乾燥させないようにしてください。

 

すでに出来てしまった陰部の黒ずみを改善したいときは、市販のデリケートゾーン専用ジェルやクリームが役立つので、出来るだけ保湿成分を豊富に含んだ商品を使うようにしましょう。

 

ヒアルロン酸やプラセンタ、コラーゲンなどの美容成分をたっぷり配合したジェルやクリームを塗れば、皮膚にうるおいを与えられるので、使い続けるうちに少しずつ肌のサイクルが整うようになり、黒ずみが目立たなくなっていきます。

 

彼氏にマンコ黒いといわれた

 

女性器の黒ずみを美白したいなら、おすすめのイビザソープ

 

女性器の黒ずみが目立つので、他の部位と同じような自然な皮膚の色に戻したい方は、薬用イビザソープを使うようにしてください。

 

薬用イビザソープはデリケートゾーンのニオイ対策用に作られたものなので、女性器の黒ずみには効果がなさそうと思っている方もありますが、実はそうではないので試してみるようにしましょう。

 

薬用イビザソープの成分を調べてみると、美白化粧品にもよく配合されているビタミンC誘導体が含まれているので、使い続けるうちに美白効果も実感できるといわれています。

 

女性に嬉しい5種のビタミンが肌に優しく浸透し、女性器の黒ずみの原因である、メラニン色素の生成を抑えて、明るい色の肌に近づけることが出来ます。

 

美白とニオイ対策が同時に出来るので、デリケートゾーン対策にこれほど良いものはないでしょう。

 

 

 

そもそも女性器の黒ずみの原因は、メラニン色素による色素沈着によるものですが、この色素はメラノサイトという細胞が作り出しています。

 

メラニン色素は紫外線などの外界からの刺激から肌を保護するために発生しますが、強い刺激を受けると過剰に増えるため、排出されないものが、黒ずみやシミとなって残ってしまいます。

 

女性器は常に下着におおわれ、摩擦を受けやすいため、肌のターンオーバーが乱れていると、新陳代謝の低下により黒ずみが出来やすくなります。

 

ゆえに女性器の黒ずみが気になる方は、摩擦などの刺激を受けないようにしたり、肌のターンオーバーを正常に保つことが大切です。

 

 

女性の中には、ゴシゴシと念入りに洗うことで、女性器の黒ずみを解消しようとする方もありますが、これは肌に刺激を与える行為で、より黒くなったり、かぶれる恐れがあるのでやめましょう。

 

下手に一般のボディソープや石鹸で洗いすぎると、女性器を清潔に保ってくれる常在菌まで殺してしまい、黒ずみがなくならないばかりか、ニオイの発生にもつながるので注意が必要です。

 

薬用イビザソープには、殺菌・抗菌作用のあるイソプロピルメチルフェノールと、肌荒れを抑えるグリチルリチン酸が配合されているので、雑菌の発生を抑え、ニオイを消したいときに役立ちます。

 

デリケートな女性器を優しくケアする、オトギリソウエキスやハチミツなども含まれているので、ふわっと柔らかな、透明感のある肌に導けます。

 

 

 

イビザソープはデリケートな部分を安心してケアできるよう、パラベンや合成香料などの余分な添加物を入れずに作られているので、誰でも安心して使うことが出来ます。

 

 

 

 

デリケートゾーンは刺激と摩擦に弱い!そんな時にはイビザミストがおすすめ

 

デリケートゾーンは角質層が薄いため、他の部位と比べると刺激と摩擦に弱いです。特にデリケートゾーンは下着と密着することで摩擦が生じやすく、摩擦が原因で黒ずみが目立つようになります。刺激と摩擦によるデリケートゾーンの黒ずみのケアには、イビザミストがおすすめできます。

 

イビザミストは薬用の黒ずみ解消グッズで、デリケートゾーンの黒ずみ解消に有効です。デリケートゾーンの臭い対策としても使用することができ、デリケートゾーンからの悪臭が気にならなくなります。ハンディタイプのスプレー式のアイテムですので、外出先でも手軽に使用できます。

 

アンケート調査によると、女性のデリケートゾーンに関する悩みの第1位は臭いで第2位は黒ずみです。イビザミストを使用することによって、女性のデリケートゾーンの深刻な悩みを解決することができ、臭いと黒ずみを気にせずに生活が送れるようになります。

 

イビザミストは医薬部外品の認定を受けており、化粧品の黒ずみ解消グッズよりも優れた効果が期待できます。天然由来の成分をたっぷりと配合しており、有効成分の働きでデリケートゾーンの黒ずみと臭いを解消します。パラベンフリーで石油系の界面活性剤などの添加物は無添加ですので、乾燥肌や敏感肌の方でも使用することが可能です。

 

イビザミストの使い方はとても簡単で、デリケートゾーンにスプレーするだけでOKです。デリケートゾーンを綺麗にしてから使用すると効果が高まるため、シャワーや入浴後にスプレーするのがベストです。デリケートゾーンの臭いが気になる方は、起床後にシャワーを浴びてから使用することをおすすめします。

 

実際にイビザミストを使用している方の口コミでは、デリケートゾーンのニオイ対策のために購入される方が多いです。実際に使ってみると、早い人で1週間程度の使用で消臭効果を実感されています。デリケートゾーンの黒ずみはすぐには解消されませんが、3ヶ月以上にわたって使い続けると、デリケートゾーンの黒ずみが薄くなってきたという口コミが寄せられています。

 

デリケートゾーンの黒ずみを早期に解消するためには、姉妹品の薬用クリームを併用するのがおすすめです。薬用クリームには美白成分が配合されており、美白成分の働きでデリケートゾーンの黒ずみを解消します。デリケートゾーンの臭いがきつい方は、姉妹品の薬用ソープでデリケートゾーンを洗浄してからイビザミストを使用すると、期待できる消臭効果が高まります。

 

 

摩擦と圧迫に弱いデリケートゾーンは黒ずみやすい

 

デリケートゾーンだけが周囲の皮膚の色と違っていると、裸になったときに目立つので、改善したいときはまず黒ずみの原因を知る必要があります。

 

デリケートゾーンは常に下着におおわれているので圧迫されていますし、座る、歩く、走るなどの動作を行うたびに摩擦が生じてしまいます。

 

ただでさえデリケートゾーンは他の部位と比べて皮膚が薄いので、摩擦と圧迫で黒ずみやすいのは仕方がないことです。

 

皮膚は摩擦や圧迫を受けると刺激を感じて、保護するために角層を厚くし、メラニン色素を生成するので、黒ずみを防ぎたいなら、普段履いている下着を見直すことから始めましょう。

 

小さくて可愛い下着を好む人は多いですが、身体のサイズに合わないきつい下着を履くと、食い込むなどしてデリケートゾーンが締め付けられ、黒ずみが発生しやすくなります。

 

コットンやシルクなど、自然素材の優しい肌触りのショーツを選べば、締め付けによる圧迫や摩擦を防げます。

 

デリケートゾーンは汗をかいて蒸れやすい部分でもあるので、通気性の良い下着を選ぶようにし、ナイロンやポリエステルなどの化繊のものは避けるようにしてください。

 

 

 

デリケートゾーンの黒ずみだけでなく、ニオイが気になる人の中には、少しでも清潔にしようとして、ナイロンタオルを使って、ゴシゴシと力を入れて洗う人が少なくありません。

 

デリケートゾーンのような薄い皮膚に刺激が与えられると、傷が付いたり、メラニンが発生しやすいので、黒ずみを防ぎたいときは、ナイロンタオルは使用せず、手にたっぷりの泡を付けて、優しく洗うようにしてください。

 

石鹸やボディーソープの中には、着色料や香料、アルコールなどの刺激の強い添加物が含まれていることがあるので、それもデリケートゾーンの黒ずみの原因になります。

 

毎日それで洗っていると、肌が敏感な人は炎症を起こすことがありますし、黒ずみも発生しやすいので、着色料や香料などの余計な添加物が含まれていない、無添加のものを使いましょう。

 

デリケートゾーン専用の石鹸やボディソープもあるので、それを使えば、肌への刺激を最低限に抑えられます。

 

殺菌成分を含んだ泡で洗えば、デリケートゾーンのニオイを抑えたり、肌を清潔に保てるので、夏でも快適に過ごせるようになるでしょう。

 

 

 

美白成分や保湿成分が含まれているもので体を洗えば、乱れていた肌のターンオーバーを正常化しやすくなるので、デリケートゾーンの黒ずみを徐々に薄くする効果を期待できます。

 

 

 

 

 

 

女性ホルモンの乱れがデリケートゾーンが黒くなる原因

 

女性ホルモンは、女性の体の調子を大きく左右するほどの存在です。生理周期が安定しない、疲れやすくなった、食欲不振、代謝が悪化し太りやすくなった、月経前症候群(PMS)がひどい、不正出血、などもホルモンバランスの乱れから引き起こされるものです。

 

また、女性ホルモンバランスの乱れは、肌荒れ・にきび・デリケートゾーンの黒ずみを引き起こす原因となってしまうこともあります。これは、ホルモンバランスが崩れると、肌のターンオーバーの周期にも乱れが出てしまうからです。

 

肌のターンオーバーとは、肌が生まれ変わる新陳代謝のことです。

 

何かの刺激(紫外線など)を受けた場合に、肌を守るという目的でメラニン色素が作られ、通常であれば肌はおおよそ一ヶ月で生まれ変わります。

 

メラニン色素により肌は黒ずみますがこれは一時的なものであり、ターンオーバーが正しく行われている場合には、

 

この黒ずみ部分の肌の角質は下層で作られている新しい肌により押し上げられ、自然と剥がれ落ちて、元の肌色がきちんと再生されます。

 

このターンオーバーがうまく行われないと、元の肌色に戻ることが出来ないため、黒ずみとなって残ってしまいます。
乳首や陰部などのデリケートゾーンは、もともと色素沈着しやすい部位です。

 

デリケートゾーンという名の通り、とても繊細で大切な部位のため、その肌を守るために特に陰部ではメラニン活動が活発であり、色素沈着が発生しやすくなっています。

 

産前産後に乳首の色素沈着が起きますが、これも想像以上に強い赤ちゃんの吸う力から母親の乳首を守るために起こります。

 

産前産後は女性ホルモンがガラッと変わる目まぐるしい時期で、ホルモンバランスの乱れから心身共に通常とは違う状態に戸惑う女性も非常に多いです。

 

また、日本人は、欧米人に比べてもともと色素沈着しやすい肌を持っています。

 

デリケートゾーンは下着によって刺激を受けている時間も長いため、他の部位より黒ずみやすい状態に置かれていることも事実です。刺激を受けると肌は自己防衛策として黒ずみますので、下着が少しきつい部分や矯正下着など締め付けタイプでは、強く当たる部分が色素沈着します。

 

刺激を避けるためにも、デリケートゾーンには綿やシルクといった素材、もしくは吸湿速乾加工された線維を使った通気性の良い下着を選ぶと良いでしょう。また、Vラインの黒ずみ防止には、ボクサータイプのショーツも効果があると言われています。

 

 

デリケートゾーンの洗い方の秘訣 これ以降黒くしないための対策

 

普段はあまり気にしないデリケートゾーンですが、実際に見てみると黒ずみが発生していることが少なくありません。男性よりも女性の方が確認しにくい位置にあるため、なかなか気づきにくい問題ですが、手鏡を使って一度確認してみると良いでしょう。意外なほど黒ずみが多いことが分かるはずです。

 

黒ずみの発生を抑えて美しい見た目にするには、デリケートゾーンの洗い方を見直すようにします。普段から何気なく行ってきた洗い方が、黒ずみを促進している心配があるからです。

 

そもそも、デリケートゾーンが黒ずんでしまうのは、メラニン色素の分泌によるものです。

 

メラニン色素は黒色をしているのが特徴で、皮膚の奥で分泌されます。その存在がよく分かるのが日焼けです。日差しの強い季節に肌を晒していると、肌がこんがりと焼けて黒ずんできます。日差しの中に含まれる紫外線を受けると皮膚がメラニン色素を活発に分泌して皮膚を守ろうとするのが原因です。

 

メラニン色素自体は紫外線ダメージから皮膚を守ろうとする重要な役割を果たす存在ですが、過剰分泌によってシミやくすみの原因になるという悪い部分も持っています。紫外線ダメージだけでなく、摩擦によってもメラニン色素が過剰分泌されますので、日差しを浴びる機会が少ないデリケートゾーンの場合は、摩擦が主な原因で黒ずんでしまうといえるでしょう。

 

デリケートゾーンの黒ずみ対策に有効な洗い方は、摩擦を出来る限り抑えることです。タオルやスポンジに石鹸やボディーソープをつけて、ゴシゴシと磨くように洗い続ければ、メラニン色素がたくさん分泌されてしまう
恐れがありますのでやめましょう。強く擦らなくても汚れは落ちてくれます。

 

おすすめはタオルやスポンジを使うのではなく、手で洗う方法です。手であれば力の加減がしやすく、摩擦が発生することも少ないですから、黒ずみの原因を抑えることが可能です。

 

摩擦が悪いからといって、泡立てた石鹸やボディーソープをデリケートゾーンに乗せるだけの洗い方はやめましょう。複雑な構造をしている部分ですので、泡を乗せただけでは汚れがきちんと落ちません。汚れが残ってしまうと痒みや湿疹ができる危険があり、かきむしることでメラニン色素が増える危険が高まってしまいます。

 

刺激の少ないデリケートゾーン用のジャムウソープなどを使い、手のひらに泡を乗せて丁寧にデリケートゾーンを洗ってみましょう。洗い流した部分の水分を擦らずに丁寧に拭き取ることも大事です。

 

 

肌のターンオーバーを崩さないことがあそこの黒ずみを進行させない秘訣

 

デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいるという人は多いのではないでしょうか。

 

デリケートゾーンの黒ずみが生じてしまう主な原因としては、洋服や下着による摩擦、生理時の経血やおりものや汗によるムレやかぶれ、剃ったり抜いたりなどのムダ毛の自己処理、スキンケア不足による肌の乾燥などがあります。

 

これらの原因により肌がダメージを受けると角質のバリア機能が弱まってしまいます。

 

角質のバリア機能が弱まってしまうと肌のターンオーバーが崩れてしまい肌細胞の生まれ変わりがうまくいかなくなってしまい、

 

メラノサイトから生成されたメラニンが色素沈着を引き起こしやすくなりデリケートゾーンの黒ずみに結び付いてしまいます。

 

ですので、肌のターンオーバーを崩さないことがデリケートゾーンの黒ずみを進行させない秘訣となります。

 

進行させないためには早めのケアが重要になりますので積極的な対策に努めていきましょう。

 

具体的な対策方法についてですが、摩擦が原因の場合はなるべく締め付けのない肌にやさしい素材の洋服や下着を身につけるようにしましょう。

 

ムレやかぶれなどが原因の場合は、パンティライナーやナプキンをこまめに交換したりVIOラインの脱毛をしたりして常にデリケートゾーンを清潔な状態に保つことを心がけましょう。

 

ムダ毛の自己処理が原因の場合は、思い切ってサロンやクリニックでの脱毛にシフトするのが有効です。

 

サロンのフラッシュ脱毛は痛みや熱さもなく肌にやさしい低刺激な施術で費用も安いので気軽に利用することができます。

 

そして、デリケートゾーンの黒ずみの大敵となるのが肌の乾燥です。

 

肌が乾燥すると角質のバリア機能が弱まり肌のターンオーバーの崩れにつながってしまいますので、

 

クリームやゲルやローションなどでしっかりと肌にうるおいをチャージして角質のバリア機能を高めて肌のターンオーバーを促進させることが大切です。

 

デリケートゾーンの黒ずみ対策に適したスキンケアアイテムも様々なメーカーから市販されています。

 

コラーゲンやヒアルロン酸やセラミドやプラセンタなどの保湿効果がある成分や

 

ビタミンC誘導体などの美白効果がある成分やグリチルリチン酸などの炎症を抑える効果がある成分などが配合されているスキンケアアイテムが良いでしょう。

 

毎日のスキンケアに積極的に取り入れて肌の乾燥を改善させてターンオーバーを促進させて肌細胞の再生を速めましょう。

 

そのことにより健やかな肌環境に生まれ変わりデリケートゾーンの黒ずみの悩みを解消させることができます。